バレル研磨とは|誰でもわかる!工作機械を徹底解説

バレル研磨とは

ドラム形状のバレル容器に工作物、研磨石、コンパウンド、水を入れ、回転運動や振動を与えて研磨する加工法をバレル研磨といいます。

このバレル容器が運動することで、工作物と研磨石が擦れ合い、工作物全体を研磨します。

工作物の最終工程として、バリ取り、鏡面仕上げ、R付け、スケール取りなどがありますが、
それらを一括で処理できる機械がバレル研磨機です。

遠心バレル研磨機

出典:東邦鋼機

バレル研磨機の種類

回転バレル研磨機

八角形のバレル容器に工作物、研磨石、コンパウンド、水を入れて容器を回転させます。

回転数が低くて摩擦が少ないため、振動バレル研磨機や遠心バレル研磨機に比べ、時間と手間はかかりますが、安定した仕上がりで精密な研磨を行うことができます。

構造がシンプルで安価なため汎用性が高く、バレル研磨の基本で最も一般的な研磨機です。

振動バレル研磨機

円形のバレル容器をモーターによって振動させ、工作物と研磨石が流動運転を行い、摩擦される事によって研磨が行われる方法です。

バレル容器の容積率が良く、たくさんの加工物を同時に加工することができる量産向けです。

加工中に工作物の状態をチェックできることも優れた点です。

遠心バレル研磨機

バレル容器が6角形または8角形の形状で、容器を公転とは逆方向に自転させ、工作物に高圧な遠心力を与えて研磨します。

遠心バレルの容器は複数個あり、公転・自転を組み合わせた高速回転によって、回転バレルや振動バレルよりも作業効率に優れ、短時間で重切削から精密な仕上げ研磨ができます。

バレル研磨機を導入するメリット・デメリット

各種バレル研磨機について、メリットとデメリットを次の表に比較してみました。

比較項目 回転バレル 振動バレル 遠心バレル
加工時間の長さ 長い 普通 短い
操作の容易性 簡単 簡単 少し複雑
自動化が容易か 困難  容易 容易
加工中にワークの状態を確認できるか 不可 可能 不可
適した加工物 小物~中物 中物~大物 小物
大量生産に適しているか 不向き 最適 不向き
機械の価格 安価 高価 高価

まとめ

今回はバレル研磨機について書いてみました。

バレル研磨機で仕上げる加工物としては、機械加工物やプレス加工物などです。

身近なところでは、キーホルダー、スパナ、携帯ケース、ゴルフのドライバーやアルミホイールにメガネフレームなどもバレル研磨機で仕上げているそうです。

鏡面仕上げだけとか、バリ取りだけといった機械は他にもありますが、すべて1台でこなせるバレル研磨機は便利ですね。