ミストコレクターとは|誰でもわかる!工作機械の周辺機器を徹底解説

ミストコレクターとは

工作機械の金属加工で発生するオイルミストを回収する装置をミストコレクターといいます。

マシニングセンターやNC旋盤などから排気されたオイルミストの油分を回収し、きれいな空気を排出する環境設備機械です。

オイルミストに含まれる油分は人体に有害ですが、油分を抜くことで作業者の健康に悪影響が出ることを防ぐことができ、また油による他の電気製品の故障を防ぐことができます。

ミストコレクターの種類

ここでは、オイルミストの油分を分離する構造の種類について説明します。

フィルター式

ブロワーによって運ばれたオイルミストをフィルターを通して油分を濾過する方式です。

複数のフィルタを通過する仕組みの機種が多く、捕獲したオイルは装置下部にあるドレンから下のバケットに溜まります。

仕組みがシンプルなため、軽量・コンパクトな機種が多く、工作機械の上部に取り付けられるミストコレクタはこのタイプが多いです。

フィルター式ミストコレクターの特徴は、次の通りです。

● 他の仕組みに比べて構造が簡易的なので初期コストが安く抑えられる。
軽量コンパクトなため、工作機械の上部に局所設置されることが多い。
メンテナンス性が良く、簡単に設置することができる。
● 比較的オイル濃度の低い環境で使われる。
● 装置内のフィルターは定期的に交換する必要がある。フィルター交換を怠ると目詰まりがおき、工作機械の内部でオイルミストが発生する。
● 交換して取り外したフィルターは産業廃棄物になる。

赤松電機製作所 オニカゼ ヘビースモーカー

フィルター式ミストコレクター。業界最高クラスのミスト捕集効率99.93%。油性・水溶性を問わず様々な用途に使用でき、簡単なメンテナンス性と低騒音、低振動を実現。


遠心分離式

オイルミストの油分を遠心力を使って分離させる方式のミストコレクターです。

ミストコレクターの内部にディスク形状またはドラム形状の高速回転する装置があり、排気された空気から遠心分離の力を使って油分を吹き飛ばし装置内の内壁に衝突させる仕組みです。

遠心分離式ミストコレクターの原理

出典:オーム電機 ノンフィルタ式 OMC-N2シリーズ

遠心分離式ミストコレクターの特徴は、次の通りです。

フィルター式と同様に構造はシンプルなので価格はフィルター式と変わらず安価。
フィルターレスなのでフィルター交換の手間がかからず、産業廃棄物のゴミが出ない
軽量コンパクトなため、工作機械の上部や側部に局所設置されることが多い。
メンテナンス性が良く、簡単に設置することができる。
1μm以下のサブミクロン粒子は捕獲できない。そのためミストコレクターの排気口にフィルターを通過させるオプションがある機種も存在する。

アマノ フィルターレス MJ

フィルターレスミストコレクター。フィルター交換作業は一切不要。サイクロン&捕集ディスクで吸引力と捕集性能を長期間持続。


電気集塵式

電気集塵式は、オイルミストが荷電極を通過するとコロナ放電によって粒子を帯電させ、アース極板の静電力で油分を吸着する仕組みのミストコレクターです。

フィルター式のように産業廃棄物が出ず、荷電極やアース極は洗浄して繰り返し使用できるため、他の方式よりもメンテナンス性に優れています。

電気集塵式ミストコレクターの特徴は、次の通りです。

1μm以下のサブミクロン粒子を捕獲できる
フィルターレスなので、産業廃棄物のゴミが出ない。
● 荷電極やアース極は洗浄して繰り返し使用できる
高電圧の電気を使用するため、取り扱いや設置場所には注意が必要。
● 他の方式に比べると機器価格が高価
● 大型のミストコレクターや、空調機が一体となったミストコレクターにはこのタイプが使われています。

ミドリ安全エア・クオリティ

電気集塵式ミストコレクター。一般的なフィルタ方式では小さな粒子は、ろ材を通過してしまうのに対し、電気集じん方式では煙のような小さな粒子でもしっかり取り除きます。


ミストコレクターの設置方法

ミストコレクターの設置方法について説明します。

直結吸気方式

工作機械から排出されるオイルミストを直接吸気・浄化する設置方式です。

マシニングセンターや複合加工機といった加工部が密閉された工作機械でよく採用される方式です。

ミストコレクターは工作機械の上部や側部に配置され、排気口位置の関係で直結できない場合はダクトを介して吸気します。軽量コンパクトなミストコレクターが使用されます。

局所吸気方式

研削盤のような加工部が密閉されない工作機械では、ミストコレクターを直結することができないため、フードでミストを集めて吸気する局所吸気方式が使われます。

ミストの流れる方向を十分に検討しないとうまく吸気できないため、フードの位置や吸い込み速度に気を付けて設計する必要があります。

広域吸気方式

オイルミストが発生する工作機械に直接吸気や局所吸気のミストコレクターを設置してもすべてのオイルミストを除去できない場合、広域吸気方式のミストコレクターを設置します。

作業場全体をカバーできるミストコレクターの機能がついた空調の導入や、小型のミストコレクターを複数個所に設置するといった考え方があります。

オイルミストが与える影響

オイルミストを放置していると、人体や環境に次のような影響が出てきます。

人体への影響

作業者がオイルミストに暴露すると、皮膚,陰嚢,呼吸器の炎症や悪性腫瘍発生の可能性があることが産業衛生の研究機関により指摘されています。

空気中に浮遊するオイルミストの油分は床面に落下してくるので床がすべりやすくなり、作業者が転倒する危険があります。

環境への影響

電子機器にオイルミストが付着すると機器の性能劣化や故障につながります。

空調設備内にオイルミストが流入してフィルターに油分が付着して異臭が発生したり、空調の風力が低下することがあります。

上記の影響が積み重なると従業員の就業意欲や集中力の低下を招き、事故につながったり社員が定着しないことも考えられます。

ミストコレクターの製造メーカー

ここでは、ミストコレクターの主な製造メーカーをご紹介します。

アマノ

集塵機・ミストコレクター・空気輸送の取扱メーカー。フィルタータイプ・フィルターレス・セルフクリーニング・電気集塵と幅広くミストコレクター製品をラインアップ。


ホーコス

工作機械、環境改善機器、建築設備機器のメーカー。フィルタータイプ・フィルターレス・電気集塵タイプのミストコレクターをミストイーターのブランド名で製造販売する。


昭和電機

送風機やブロワなどの回転する機器を得意とするメーカー。コンパクトでかんたんに設置できるミストコレクターの種類が豊富。


ミドリ安全エア・クオリティ

ビル空調空気清浄システムに関する脱臭関連設備機器の製造販売メーカー。遠心分離式のオイルミストコレクタや高効率の電気集じん式ミストコレクタを取り扱う。空調設備に組み込むことができるモジュールタイプのミストコレクタで広域の吸気が可能。


まとめ

今回は、工作機械から発生するオイルミストを吸収して油分を分離する機械のミストコレクターについて説明しました。

オイルミストは人体に有害で、他の機器にも性能劣化や故障を引き起こす原因となり、放置しておくと危険です。

ミストが発生する箇所を見極め、ミストコレクターを必要な個所に設置することは、従業員の健康状態を守り、工作機械を長持ちするためにも必要なことです。